子育て

子どもの勉強・宿題。丸つけで✕をつけないことにした理由。

勉強に苦手意識が強い長女

 

小学校2年生になった、長女なーちゃん。

正直言うと、1年生の頃はなかなか勉強が得意ではなかったんですよね。笑

 

 

本人の前では『勉強が苦手』という言葉は使わないようにしていましたが、

 

やっぱり自分自身で

 

「お友達より出来ないな…」

「なんでみんわかるのかな…」

 

って不安に思って、

苦手意識が強かったんだろうなと思います。

 

 

 

だから、

 

・勉強を自分からすること

・宿題やドリル、わたしが作成した手作りドリル(ママドリルと呼んでいました)をこなすこと

 

それだけでも十分に頑張っていたと、わたしは思っています。

(自分で苦手だと思っていることに取り組むのって、相当な力を使うことだと思うんです。

それが子どもであっても、大人であっても。)

 

 

丸つけで、✕をつけることをやめた

 

勉強(苦手なこと)に頑張って取り組んでいた。

他の子と比べると、勉強量は少なかったかもしれないけど、

勉強しているときに

『苦手と向き合う気持ち』を強く感じることがあったのも事実。

 

だから、

長女が解いた問題の、丸付けをするとき

✕をつけるのをやめました。

 

 

間違いの箇所に、✕をつけないことにしたんです

 

 

頑張って解いた問題に

✕をつけられる気持ちを考えたら

「はあ…。ダメかぁ…。」

ってなっちゃう。少なくても、わたしなら。笑

 

 

そんなの甘いよ!!っていう方もたくさん居ると思います。

(居ますよね。わかります。笑 ドキドキ…)

 

 

でも、

長女の様子・性格をよく知ってるから

この子にはこの方法がいいと思う!って考えてたんです!

 

 

 

学校の先生が✕をつけてくれるのはいいんです。

先生だから。

子どもの✕の見え方も多分違う。

 

素直に

「あ、ここ間違えてたんだな。」

って受け取れるようでした。

 

 

でも、母親が付ける✕には

 

「✕ついてるから、ダメってことでしょ?」

「もうやりたくなくなった!」

 

と言ったり

明らかにやる気消失!!!

なんてこともあったから、

 

 

きっと親には

問題が正解か不正解か、云々よりも

 

ここまでやったの?素敵だね!

こんなに一人で出来たのね!

 

っていう

認められたい気持ちが強いんだと思います。

(個人差があるので、みんながみんなそうではないかもしれないけど…笑)

 

 

 

1年生、2年生、3年生…

その成長段階によって

なにがいいのか(どう関わるか)は異なってくるはず。

 

 

子どもはどんどん成長して、考え方や気持ちも変化するから

そこを見逃さずに

親の対応も変化させていかなければいけない

とは思います。

 

 

 

でも、とりあえず…

 

1年生の時期は✕をつけないようにしたんです。笑

 

 

 

✕をつけないってことは、

間違いがそのままになるんじゃない?

 

って思いますよね。笑

 

 

 

どうしたかというと

 

✕も付けないけど、〇もしない

 

 

始めた当初、

長女から「ママ、ここは?丸ついてないよ?」って言ってきてくれました。

 

 

「そこね、もう1回よく見てみて~!」って返しました。

 

そのときは、

「あ!わかった!間違えた!」って自ら間違いに気づいた。

 

 

次はあえて、

 

正解のところを、1箇所だけ○をつけなかった。

 

「ここも違うの?」って聞いてきた なーちゃん。

 

「あ!ここはママが丸つけ忘れてたんだわ!ごめんね!」と言って〇をつける。

 

 

そのあとは、

『あ、丸ついてないってことはなんかあるぞ。』

って自分から注目するようになりました。

 

 

注目できるようになったら、

間違いの箇所にだけ、何もつけないように。笑

 

 

明らかな✕をつけなくても

『あ、ここ間違ってるってことだな!』

と自分から注目して考えてくれるようにしていきました。

 

長女の勉強に対する気持ちの変化

以前は丸つけを恐る恐る見ていたり

✕をつけられることを嫌がっていた長女が

丸つけされるのを嫌がらなくなりました。

 

 

丸つけの最中にわたしの手が少し止まると、

「あ!!待って待って、ここ間違ってたわ!待ってね!」

と自分から気づけることも多くなった。

 

 

自分から注目して気づくって大事。

 

 

でね、

 

2年生になった今。

どうなったかといいますと…

 

勉強はまだ、あまりやりたくないみたい!(そりゃそうだ。笑)

だけど、苦手意識は少しずつ改善されている様子。

 

 

でもね、

 

こないだ

 

「ママ!間違いのとこ、ちゃんと✕つけてね!先生見るから!

ちゃんと間違えました、直しました!!ってわかるようにしてね!」

 

って言ったんです。

 

 

頑張ったのに✕が付くなんていや

 

じゃなくて

 

✕は、問題の答えが間違ってるだけ

 

の解釈に

気持ちもついていくようになってきたようです。

 

 

成長したと思いませんか?笑

 

 

 

わたし、これだけのことでも

成長を感じて

とても嬉しかったんです☆笑

 

 

 

きっと気持ちがまた戻ったり、

さらに進んだり…

そうしながら成長していくんだと思いますが

 

子ども達の日々の変化に

柔軟に対応できる母親でいられるようにしたいなと感じています☆

 

 

こうしたほうがいいかなって関わってみて…間違えてたとしても、

それもありだと思っています。笑

うわ!間違ったみたい!やっぱり、こう関わってみよ!って

そこも柔軟に考えられたらいい。

 

そのほうが、

母親としてもストレス少ないですよね☆笑

 

 

おしまい!

 

最近の投稿
こちらの記事もおすすめ!