子育て

【コラム】父の生き方・子育てが実は神だった話②

前回の記事の続きで、

破天荒なわたしの父についてです。笑

( ①はこちら~!!!!→父の生き方・子育てが実は神だった話① )

 

 

父と一緒に過ごした幼少期は、

本当に刺激的なものでした。

 

基本的に、

子どもが興味があることには

とことん付き合ってくれる。

(ついでに言うと、

父の興味があることには

とことん付き合わされます。笑)

 

 

わたしの小さい頃は、

ちょうちょやカブトムシ、バッタ等の昆虫が大好き(クモだけは×!!)。

あげは蝶の幼虫なんてなんのそので、

手の平に乗せたりしてたんです。笑

ある日、父が日曜大工を始めて、

なんと2人掛けのソファー程の昆虫ハウス(虫かごの巨大版)を作成。

 

 

そのなかには、あげは蝶やモンシロチョウ、その幼虫、

カブトムシやバッタ…木材や草、昆虫の餌が入れられ

ちょっとした昆虫館が出来上がっていて

わたしは感動してずっと眺めていました。

 

 

山菜採りやキノコ採りで一緒に何度も山に入り、

山の歩き方を教わったり。

キノコの図鑑を買ってくれて

食用キノコを自分達で探させたり。笑

 

 

動物が好きだとわかれば動物園はもちろん、

牛舎に連れて行かれ

牛の誘導を手伝わされたり…。

(父の実家は酪農家で、牛の扱いはお手の物。)

 

 

小さなときから包丁を握らされ、

一緒に魚や貝をさばき調理して食べました。

(母は危ない!とキーキー言ってた。笑)

 

 

おかげさまで、

生物学的な知識は勝手にどんどん増えて、

ほぼ勉強しなくても高校・専門学校の生物学は

いつも5(5段階評価)。笑

 

 

 

体験から得られる知識は

忘れることなく身につく。

 

そう実感しているから、

子ども達の興味があることには

とことん付き合ってあげたい。

 

 

だけど、

怪我や汚れ、時間や一般常識、お金…笑

色んなことが邪魔して

『とことん付き合う』

って実は難しいことなんだなと

自分に子どもが出来て気づきました。

 

 

父の場合は、一般常識なんて全然気にならないし

なんでも『大丈夫』って思ってるから

子どもに色んなことを挑戦させることができたんだと思う。

 

 

わたしは幼稚園のときに『看護師』になりたい。

と 話していて

母や周りの大人は安定を考えて大賛成。

 

『なんだか賛成してくれた』

『看護師さんになるって言うと喜ばれるんだ』

という思いが出来上がっていました。

 

それは、ある程度大きくなってからも続いていて

正直、引き下がれなくなっていたのも事実。笑

 

 

一方、父だけは反対していて

『本当にやりたいことをやれ』

『お金じゃなくて、好きなことをすれ』

『生き物に関わる仕事が向いてる』

とずっと言っていました。

 

正直、父の言葉がずーっと引っ掛かりながら、

結局は

『周りの大人が賛成してくれる安定した仕事』

を選んだのが事実。

 

 

今でも動物園に行くと

飼育員さんの仕事が気になったり。

生き物や植物に関わる仕事に興味があったり。笑

 

あのときの選択は正しかったのかな?

 

と思う気持ちがあります。

(勿論、看護師もいいとこはある!笑)

 

 

我が子達も

『〇〇になりたい!』と言うことがあるけれど、

 

わたしは

『〇〇いいね!どうしてなりたいの?

これからもどんどんやりたいことが出てくるから、それは1つの候補だね!』

と答えるようにしています。

 

我が子達が、親の反応をみて

自分の進路を決めてしまわないように。

わたし自身の反応の仕方も

気をつけるようにしていく必要があるなと思っています。

 

 

本当にやりたいことや興味があることから

自分で考えられるように導いていきたいですね!

 

 

…とまあ、

父のいいところを多く書いてきたのですが、

大変だったこともそれ以上で。笑

 

 

熱々の蕎麦が入ったどんぶりに、

酔っぱらって顔をつっつこんだり。

 

雪のなか裸足で

朝日に向かって一緒に走らされたり(修行か!笑)。

 

怖いTVを観ているときに、

2階の窓から火の玉が見えてギャン泣きしたら

父が屋根の上に登ってまで

笑いながら火の玉を揺らしていたり。

 

バイト代を貸したら、

『倍にして返してやろうと思ってよ!』

とパチンコに行ってたり。

 

自由奔放過ぎて大変でした。笑

 

 

だから、自分が子育てをするまで

父のことは好きだけど尊敬はしてなかった。

 

でも、

  • 周りを気にしすぎず自分の気持ちに正直でいい
  • やりたいことに全力で向き合う
  • 進路は安定よりも自分のやりたいことをやってみていい
  • 楽しそうなことは目一杯楽しむ

 

 

 

ということを、教えてくれてたんだなと

今となっては思います。

 

このような考え方は、

これからの時代に絶対必要になる。

 

だから、

我が子達への子育てにも活かしていこうと思っています。

 

 

おしまい

 

 

 

 

最近の投稿
こちらの記事もおすすめ!