絵本

是非読んで欲しい!オススメ絵本『天女銭湯』

まめこです♪

 

ちょこちょこ絵本について書いてますが、

まだまだ大好きな絵本があるのでご紹介していきたいと思います♪

 

今日ご紹介したいのは、

韓国の作家さんの絵本です。

 

ペク・ヒナさん作の

『天女銭湯』

について書いていきますー!!

 

あっという間にさくっと読めちゃう記事になってます♪

読んでね!笑

 

天女銭湯 ペク・ヒナ作

作:ペク・ヒナ 訳:長谷川義史

ブロンズ新社

韓国発!なつかしくてちょっと不思議なお風呂絵本

少女・ドッチのすむ町には、ふるーい銭湯があります。

ともだちはみんな、新しいスパランドに行くけれど、

ドッチは、大好きな水風呂と、あかすりのあとに買ってもらえるヤクルトをたのしみに、きょうも長寿湯にかよいます。

いぬかきしたり、水泳選手の真似をしたり、水風呂で遊んでいると…

なんや、このばあちゃん どっから でてきたん!

はごろもをなくしたという、天女があらわれた!

引用元:天女銭湯|ブロンズ新社

 

まめこ
まめこ
 イラストも内容もユニークで、わたしも子ども達も夢中ーー☆ 

 

今では温泉のようなスーパー銭湯が主流で、

小さな銭湯の数は減ってきているけど

 

昔、小さい頃に

祖母や父親に連れて行ってもらった銭湯は

確かに こんな天女が現れそうな

なんともレトロでアットホームな場所でした。

 

 

わたしが子どもの頃に、

銭湯でこんな魅力的な天女おばあちゃんに出会っていたら…

一緒に遊びすぎてのぼせていたな。。。笑

 

 

キャラクター1人1人がなんとも言えない

豊かな表情やしぐさを見せていて、

子ども達に読んでもケラケラ笑いながら聞いてくれます♪

 

銭湯で出会った天女のあばあさんと夢のような時間を過ごし、

1つだけプレゼントを渡す女の子。

その優しさと、嬉しそうな天女おばあさんの姿にもキュンとします。

 

 

現実なのか夢なのか。。。

 

でも、

子どもにだけはこんな現実があっていいのかもしれない☆

とワクワクするお話です。

 

長女「ママ!!ママもおばあちゃんになったら、

この天女さんみたいにシワシワで、ぼよんぼよん(体形)になるのかな~??」

ってニヤニヤ。

 

いや、注目するとこそこ!?

って感じですけど。笑

子どもの視点って面白い。笑

 

 

一方、次女は

毎日一緒にお風呂に入るメルちゃんを

天女おばあさんに見立てて

「天女のおばあさんですよ~!ヤクルトくださいよ~♪」

とセリフをつけたりしています。笑

 

 

 

作者のペク・ヒナさん

自称「いたずら人形作家」。

スカルピー粘土を使用して、

手づくりで人形を作って撮影するそうです。

イラストとはまた違う、温かさと人形の表情が素敵なんです☆

 

 

訳は長谷川義史さん

実はこの絵本・・・

関西弁で話されているんです。

絵本の世界観を関西弁でうまーく表現してくれていて

テンポよく楽しみながら読むことができます!!

 


読んだことない方は、

是非是非読んでみてくださいーー☆

最近の投稿