子育て

【体験談】赤ちゃんのおむつかぶれと対処法!

こんばんは!!

mamekoです。

新生児のお子さんをお持ちのママさん。

赤ちゃんのお尻…赤くないですか?

 

 

職場で10年以上赤ちゃんと接してきましたが、

「お尻がすぐ赤くなって…。」

と困っているママさんが多いです。

 

今日は 実際に、

我が子にも行っていたケア・指導してきた内容

をご紹介します!!

 

 

病院で軟膏が処方になっている方も居ると思います!軟膏の塗り方も重要。

でも、それは軟膏の種類によっても違います。適切な方法がとれるように、塗り方は病院で確認してね!!

 

 

赤ちゃんのお尻。赤くなりやすいのはなぜ?

 

赤ちゃんのお尻が赤くなりやすい主な原因は…

 

  1. 赤ちゃんの皮膚が薄い
  2. 排尿・排便による刺激
  3. おむつ内の蒸れや摩擦

 

赤ちゃん(新生児)の皮膚の厚さ。

どれくらいか知っていますか?

 

実は、大人の約2分の1(半分)と言われているんです!!

 

だから、とても薄くてデリケート。

皮脂も少なくバリア機能も弱いので、少しの外部刺激でも皮膚トラブルの原因になりやすいです!

 

さらに、

新生児の排尿・排便回数は1日10回以上となることも少なくありません!

(赤ちゃんによって、便回数も個人差はありますが…)。

 

特に母乳栄養の赤ちゃんは、ミルク栄養の赤ちゃんと比べると便回数も多くなりやすいですね。(母乳は消化に良く、授乳による刺激で腸がよく動くことも理由の1つ。)

 

便や尿の成分が、デリケートな赤ちゃんのお肌に刺激を与えることで、おむつかぶれを引き起こします。

 

さらに、赤ちゃんは汗っかき

 

排尿・排便時はもちろん、常におむつをしているから

蒸れや摩擦が生じやすい

のも1つの原因です!!

 

我が子達2人は母乳栄養だったのですが、1日のおむつ交換数は10回以上。

 

授乳前におむつ交換→授乳中に排便→おむつ交換→抱っこしてたらまた排便…

 

みたいな感じも多々ありました。笑

 

そのため、お尻のトラブルが生じないように頑張ってケアしていました‼︎

 

おむつかぶれを予防!!…対策は?

実際に、行っていたケアはこちら!!

 

  1. おむつはこまめに交換
  2. 便はこするように拭き取らない(摘みとる)
  3. ぬるま湯で流して洗う
  4. おむつ交換後はよく乾かす
  5. ワセリンで便と皮膚の間にバリアをつくる

 

おむつはこまめに交換

 

汚れたおむつを長時間使用していると、排尿・排便の成分・蒸れによる刺激であっという間に皮膚トラブルに!!

赤ちゃんも不快ですよね!

こまめにおむつ交換が基本

 

便はこするように拭き取らない(摘みとる)

お尻拭きで便をこするようにして拭きとると、摩擦によって皮膚が傷ついてしまいます。

便は摘みとるように取ってあげるのがオススメ!

 

さらに、

わたしの場合、新生児のうちは

お尻拭き用コットン

を使用していました。

 

赤みが強いときはぬるま湯を多めに含ませて、コットンを柔らかくさせたり…

多めに含ませた水分を軽く搾って、流すような感覚で拭いてあげることができます。

 

お尻拭きと皮膚の摩擦を少なくしたり、便の性状に合わせて調整してあげられるので便利です。

 

ぬるま湯で流して洗う

お尻拭きを使用するより、これができれば1番いいと思いますが…

 

実際のところ『毎回こんなことしてられない!!!』が本音ですよね!!笑

 

わたしは、

赤くなってきたら時間がとれるときにだけやっていました!!

(沐浴の他に、1日2~3回程度です。)

 

 

小さめのシャワーボトルや、それに代用できるようなものを使用してOK!!

わたしは、100均で購入して(イメージとしては、食器用洗剤のボトルのような感じのもの)使用していましたよ!!

 

 

便をサッとぬるま湯で流し、乾いたコットンで優しく押さえ拭きをしてあげます。

余裕があれば、洗面器にぬるま湯をはって、お尻だけ洗ってあげる…でもいいですね!!

 

おむつ交換後はよく乾かす

おむつ交換後は、水分を乾かしてあげてからおむつを閉じてあげるのがいいです!

 

時間に余裕があって赤ちゃんの機嫌がいいときは、

おむつを外す時間を作ってあげると◎!

 

夏場等、おむつの蒸れがさらに気になるときは、

バスタオルのうえでおむつを短時間外してあげたりしていました。

赤ちゃんも爽快なのか、にこにこ♡

 

ワセリンで皮膚と便に間にバリアを

軽い発赤や、予防的にワセリンを塗布してあげるのもオススメ。

 

市販のワセリンも色んなメーカーからでていて、ドラッグストアで普通に売っていますね!!

 

ワセリンを塗ることで便と皮膚の間にバリアができ、

便が直接皮膚に触れるのを防いでくれます。

 

我が子も、予防的に塗っていました。

便回数がとても多かったので、防ぎきれないこともありましたが…。笑

 

 

まとめ

できるだけ対処してても、

どうしてもおむつかぶれがひどくなってしまうことはあります。

 

赤みが強かったり、ジクジクしてきたり…

症状がひどいときは無理せず受診しましょう!!

 

適切な軟膏を使用して、速やかに対処してあげられるといいですね。

軟膏の塗り方にもコツがあるので、受診時に確認するのをオススメします。

 

赤ちゃんのすべすべなお肌。

守ってあげられますように!!

 

 

最近の投稿
こちらの記事もおすすめ!